姉妹校提携

KAKEHASHIプロジェクトを通して、

  ジョージア州ミルトン高校姉妹校提携しました!

kakehashiプロジェクト

・kakehashiプロジェクトの様子

米国ジョージア洲フルトン郡にある全校生徒約2600名在籍の大規模校で、州都であるアトランタが近くにあり、州で6位、郡で2位にランクされる有数の進学校である。
  アトランタ市は1996年にオリンピックが開催された地で、コカコーラやデルタ航空、CNN等の多数の大企業が本社を置いている。歴史的には、公民権運動を率い人種の融合を訴えた黒人指導者「キング牧師」の出身地でもある。

10月18日から約2週間架け橋プロジェクトで米国へ派遣された23名の生徒達は、約2週間の充実した日程をこなし31日午後、全員無事帰国した。
ニューヨークでの研修やミルトン高校での交流、異文化体験等を通して多くのことを学び一回り大きく成長したに違いない。
この機会にミルトン高校を訪問した新城今帰仁村教育長と北山高校宮里校長は、今回渡米の最大のミッションでもある姉妹校提携への調印式に臨み、10月27日付で姉妹校協定書に署名をし、今後北山高校とミルトン高校は姉妹校として交流を継続し ていくことを確認した。今回の調印式にはちょっとしたサプライズがあり、在アトランタ日本国総領事館の須永総領事も立会人として同席、この架け橋プロジェクトの本来の目的が達成できる事を祝福し、両校のこれからの継続した交流に大きな期待を寄せていた。

 

更新日: